彼女がモビットでお金を借りています

自分の彼女がモビットでお金を融資してもらっていることを知ったのは今から一年前でした。

自分は、正直言って日本の会社名に疎いです。

かといって外国の会社名ならば分かるのかと言うと更に分からず、

単に自分はテレビを見ないので日本の商業会社について知識が無いのです。

彼女が、私モビットしてくるね、と言ってふらりとどこかへ出掛けても、

モビットってなんだろう、と疑問に思いつつも

他人の個人行動なので深く聞きませんでした。

深く尋ねても下品で失礼かな、といった思いがあったのです。

そのためにモビットの意味を知る事になるのはずっとあとでした。

彼女が何気なく借金があると会話の中で漏らし、

自分は非常に驚愕をして、

どこから借り入れているの、

銀行なの、

サラ金なの、

親からなの、

知らない人からなの、

なんて慌ててまくし立てると彼女は、モビット、と返答をしました。

そこでやっとモビットがお金を貸してくれる会社の名前だと知るのです。

調べてみるとモビットweb完結申込は金利が低く、真面目さを売りにしている会社のようだったので私はひとまず安心をしました。

こういった正規の金融機関でお金を借り入れるのは良いことだな、と思っています。

怪しい機関で借り入れるよりも良いです。

まるで薬の常習者?のように堕落していきました。

借りに行ったその日までは全くキャッシングと縁のない生活でした。そのせいかお店に入るまでは物の凄い緊張と、これからどんな生活が待っているのか不安で一杯でした。お店に一歩足を踏み入れると、凄く清潔感のある店内、物腰の低く丁寧な接客、相手の不安と緊張を和らげるかのような感じがしました。審査もあまり待たなかったと思います。ただその時、私もあまり知識がなかったからか、お店側から自宅を抵当にすればもっと借りれると進められその時一緒にいた主人とその気にさせられ、いい気分になり自宅に帰ってから主人の両親に話し当然ですが大反対されました。あれから、もう何十年もたちますが今にしてみれば自宅を抵当にしてなんて、どこか神経が麻痺していたのでしょう。あの時アコム審査甘いで5~6社から借りて自転車操業状態でしたので返済日がくるたびに地獄でした。当時はまだどことなくバブルの面影?名残りがあり簡単な審査でいくらでも貸してもらえる感じでした。そのおかげで、借りては返済に回しの繰り返しで主人と私の2人で車のローンも合わせて1000万近くの借金となっていました。そこまでになってくると薬の常習者ではないですが完全に何かが麻痺してしまっている感じです借りる事に対する罪の意識もなく返済日をとりあえず何とかやり過ごす。今なら絶対に有り得ない生活でした。

極東ロシアに旅行に行きたい

一人暮らしをしていると、どうしても週末などの休みに家事をまとめてやりがちです。
けれど、掃除はともかく、洗濯物はあまり量が多いと、一気に干すにも場所が足りなかったり、干すのも取り込むのも畳むのも面倒になってしまいます。
そこで始めたのが、週の真ん中に一回洗濯するということです。大体、水曜日か木曜の夜、仕事から帰宅したら洗濯して室内干しにして、また週末に洗濯する、というやり方です。
結果として二回洗濯しているので、手間を増やしているように思えるかもしれませんが、こうすることで一回当たりに洗濯する量は三日分程度。衣服や下着、タオルなどは三日分程度なので、一週間分まとめて洗うよりも気持ち的に楽になるのです。
干すのだってほんの10分もかかりませんし、畳むのも少量。結果としては手間を増やしているのだとしても、一回当たりにかかる手間が少ないので、そう感じさせないのです。
それに、私の性格から言っても、あまり物が溜まりすぎるとうんざりしてやりたくなくなってしまう傾向が有ります。こうして小分けにする方が、嫌気もささずに何とかやれるようです。
勿論、家事が好きとか、苦では無い人にはこうした工夫は不要かもしれませんが、私のようなずぼらで面倒くさがりの人間には、このやり方が合っているようです。
それに、こまめに洗うので衣服の汚れも落ちやすいですし、今のところ良い事尽くめです。

借金地獄から本気で脱出したいあなたに
借金地獄脱出
実は債務整理をするだけで借金地獄から簡単に解放されますよ。

http://xn--nwq08bl4hr37aktoszw.xyz/

3連休の時にやりたい事

私は3歳長男と1歳長女のママです。長男の幼稚園が夏休みになり、専業主婦なので毎日子供2人と一緒です。洗濯、掃除、料理(昼ごはんと晩ごはん)は毎日の日課です。
子供2人いながら、家事をこなし、さらにワンパクな3歳長男の外遊びにも連れ出さなければいけません。1人で全てパーフェクトにこなしていくのは、心身共に疲れます。そこで私が実践している「家事仕事のちょっとした事」は、 Continue reading →

私にプチ連休があったら

食事の後だけでなく、調理後もたくさんの洗い物があるとうんざりします。
食器洗い機があればラクですが、どうしても手洗いしなければならないものもありますよね。
とくに調理に使ったボウルなんかは食洗機自体に入らないこともあります。
そこで私が考えた手抜きの方法は「使い捨て容器を使う」ことです。
イチゴなどの果物が入っている容器、そんなに汚いものではないと思います。 Continue reading →

遠くないのに遠い実家へ帰省

私は、学生で、今まで、家事は母の手伝い程度でしかしたことがなかった。
そして、家事をしている母たまに意識的ではなく、見ることがある。
しかし、その時は、家事は母が当然やるものだと馬鹿な考えがあった。
そんな時、私の考えを改めさせるには充分と言える、ある出来事が起こった。
それは、母が仕事のため、家事がほとんど出来なくなるということだ。
母の仕事が決まって、 Continue reading →

プチ連休は地元へと。

家事って本当に大変ですよね。毎日のことなので、逃れられない、サボれないという大変さを男性には理解されなくて悲しくなることありませんか。
私はよくあります。たまの休みですら溜まった片付けや掃除などに時間を取られて、なかなか自分のやりたいことなんて出来ないですよね。
かといって男性に全面的に家事をやってもらう方法なんて思い浮かばないのですが、我が家ルールはできる人がやる方式なので Continue reading →

プチ連休があったらしたいこと

お家が綺麗な状態だと、心が落ち着いていられます。
でも、毎日仕事に追われていると掃除は週末だけ、という状態になってしまいがちです。
仕事から帰って汚い部屋を見ると疲れて帰ってきているのに、さらに疲れてしまいます。
そこで、私がやっている、お家を綺麗に保つ方法ですが、毎日15分でけ掃除をすると言うものです。
今日は玄関、明日は廊下、と毎日本当に少しづつです。
続けられるポイントは、 Continue reading →

プチ連休でやりたいこと

掃除が苦手な主婦です。
仕事場でひロッカーは閉まらないくらい物を沢山つめ、目に見えるところをきれいにするためにとりあえず引出しに物をつめこみぐちゃぐちゃ。家に帰れば、かばんや洋服を床におき、また次の日そのままもって出かける。。といった感じでした。そんなわたしが片付けるようになったのは、 Continue reading →

折角の連休だからこその大掃除

うちは、旦那は全然家事を手伝ってくれません。
理由は「私が何もできないから」だそうです。
私が何もできないのは認めるけど、それを口実に何もしないのも、どうかと思うんだけどなぁ~と思いながら、日々過ごしています。
話し合いになった時とかに
「○○手伝ってよ」 Continue reading →

やっぱり旅行?いや私は・・・

家事って、ある程度は自分のペースでできますよね。確かに、家族のお出掛け時間に合わせたり、食事の時間は決まっていたり、そういう意味での制約はありますが、一日の中でやる順序なんかは自分で決めて実行することができます。
どうしても自分で決めるとなると、 Continue reading →

ツーリングに行きたいと思うのです。

よく、周囲のママ友なんかから「うちの旦那は全く家事を手伝ってくれないの。おたくはどう?」と言われます。そういう場合は愚痴を聞いて欲しかったり同意を求められていたりな感じなので、まさか空気を読まず「うちの夫はよくやってくれるの。」なんて口が裂けても言えませんが、 Continue reading →

何はともあれ、大掃除。

既に多くの一人暮らしの人が実践していることですが、私もご飯は一度に大量に炊いて冷凍しています。
今の炊飯器は節電仕様とは言え、やはり長時間保温しておくと電気代がかかりますし、味も落ちてきます。それよりは、小分けに冷凍して食べるごとに解凍する方が経済的なのです。確かに解凍して温めたご飯の方が、 Continue reading →

連休は怠けた体を動かしたい~!

基本的な掃除は週末にまとめてしています。
帰宅するのが夜の七時前後になってしまうので、そこから夕食を作って、更に掃除機をかける、となるとちょっとご近所迷惑になってしまうからです。
けれど、我が家には愛猫がいるため、冬以外の時期は抜け毛が凄いのでどうしても家の中が汚れてしまいがち。本当は毎日掃除機をかけたいのが本音です。
そこで、週末は掃除機で徹底的に掃除。 Continue reading →

近場の国内旅行を楽しみたいです

普段はお弁当を持参して会社に行っています。
最初はお弁当に詰めるおかずは殆ど朝作っていましたが、これが結構大変でした。
学生の頃にもお弁当は作っていたので分かっていますが、朝の忙しい時間に3、4品も作るのは結構な手間です。
昨夜の残り物などが有ればいいですが、それでも Continue reading →

プチ連休でやりたいこと!

七歳の長男、二歳の長女、お手伝いに目覚めたお年頃です。
本当は、自分でささっと片づけてしまうのが一番楽なのですが、気持ちに少しでも余裕のある時は、なにかお仕事を与えてみることにしました。
たとえば、ポテトサラダであれば、ゆでたジャガイモをつぶし、ゆで卵の殻をむいてもらうなど。味付けも兄監修の下、二人で「おいしくな~れ」といいながら Continue reading →